therapilasisのブログ

オンラインカウンセリングのセラピラシス が提供する情報発信

2019-08-18から1日間の記事一覧

臨床催眠の適応疾患:疼痛管理

臨床催眠の適応疾患:疼痛管理 催眠は疼痛を緩和させる手段として古くから応用され、英国の外科医Esdaile(1846)が大英帝国下のインドにおいて催眠のみの麻酔を用いて多くの外科手術を手がけ、大成功を収めたことは古くから知られている。当時の手術後致死…

臨床催眠の適応疾患:身体疾患

臨床催眠の適応疾患:身体疾患 がん がんの催眠療法は1970年代から見られ、がんによる疼痛不安、うつなど二次的な症状に対するものが多い。 NIHの基金を得てスタンフォード大学で行われた86名のがん患者についての10年間の追跡調査では、自己催眠と、サポー…