therapilasisのブログ

オンラインカウンセリングのセラピラシス が提供する情報発信

発達障害

成人期ADHDの症状と診断

成人期ADHDの症状と診断 成人期ADHDの診断 児童期から成人期まで症状が持続し、社会適応を妨げる要因となりうる疾患です。児童期から現在に至るまでの生育歴を詳細に聴取して、就学や就労を含めたライフステージに応じて発生した心理社会的問題を吟味して、A…

ASDの病態仮説と治療

環境・遺伝要因 両親の高年齢、低出生体重、またはバルプロ酸への胎児曝露などが関与しているかもしれない。 複数の遺伝子が関与した多因子遺伝仮説 病態仮説 前頭葉機能障害仮説 多様な社会場面での実行機能不全があるという仮説 心の理論障害仮説 心の理論…

ASDの関連特徴

ASDの関連特徴 知能の障害や言語の障害も併せもっています。 平均的あるいは高い知能をもつ人でも、能力のプロフイールにむらがあり、知的および適応機能の技能間の乖離が大きいことが多い。 奇妙な歩き方、不器用さ、およびつま先歩きなどの他の運動徴候の…

自閉症概念の変遷

自閉症概念の変遷 Kannerの情緒的接触の自閉性障害(1943年) Leo Kanner(1955)Wikipediaより 他者との情緒的接触の重篤な欠如 同一性保持への強迫的願望 言語発達の遅れ 1950年代のアメリカで精神分析の影響を受け自閉症に関する心因論が成立 冷淡な両親…

ASD(自閉スペクトラム症)の診断

発達障害は、脳の先天的な機能的・器質的原因によって引き起こされた発達に関する障害の総称です。その特性は生涯にわたって持続しますが、症状は年齢とともに変化し、適応の程度も、環境とのかかわりや養育の在り方、療育などによって著しい幅が生じます。…

ADHDの病態仮説と治療

ADHDの病態仮説 遺伝要因と環境要因 ドパミントランスポーター遺伝子とドパミン受容体D4遺伝子の多型との関連性が示唆されています。 妊娠中の母親の喫煙(一部は一般的な遺伝的危険性を反映)、乳幼児期の鉛の曝露との関連が指摘されています。 低ドパミン…

ADHDの鑑別診断

ADHDの主症状である不注意、多動性、衝動性はいずれもADHD固有の症状とは言えません。多くの精神疾患で同様な症状が出現します。一方で、さまざまな精神疾患の背景障害として、あるいは全く独立して併存しているADHDを見逃さないようにすることが必要です。…

ADHDの成長過程における症状

ADHDは発達障害であり、成人になって突然発症するものではありません。しかしADHDであるにもかかわらず、自分自身の特性や性格として捉えてしまい、治療や支援を受けずに、行動上の問題や二次的に併発した精神症状によって社会的な不適応を起こしていること…

ADHDの診断

注意欠如・多動症/注意欠如・多動性障害の診断(DSM-5抜粋) (Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder) A.(1)および/または(2)によって特徴づけられる、不注意および/または多動性-衝動性の持続的な様式で、機能または発達の妨げとなつているもの:…