therapilasisのブログ

オンラインカウンセリングのセラピラシス が提供する情報発信

薬物・物質・その他の依存

インターネットゲーム障害

インターネットの普及は人類に大きな影響を与えているわけですが、その光と影をきちんと検証して、早期に対策を講じなければならない問題もたくさんあります。 ネット依存、ゲーム依存といったインターネットゲーム障害もそのひとつです。 DSM-5で「今後の研…

ギャンブル障害

依存症には、アルコールや薬物などに依存する「物質依存」と特定の行為や過程に依存する「プロセス依存」がありますが、ギャンブル障害は後者に相当します。 カジノ法案(IR推進法案)が可決されそうですが、やはりギャンブル障害への対策が不十分だと思いま…

覚醒剤やコカインの中毒と離脱

精神刺激薬中毒(Stimulant Intoxication)(DSM-5) A.アンフェタミン型物質、コカインまたは他の精神刺激薬の最近の使用 B.臨床的に意味のある問題となる行動、または心理学的変化(例:多幸症、または感情鈍麻、社交性の変化、過覚醒、対人関係過敏、不…

覚せい剤やコカインの使用障害

精神刺激薬使用障害(Stimulant Use Disorder)(DSM-5) A. アンフェタミン型物質、コカイン、またはその他の精神刺激薬の使用様式で、臨床的に意味のある障害や苦痛が生じ、以下のうち少なくとも2つが、12カ月以内に起こることにより示される 精神刺激薬…

アルコール中毒とアルコール離脱

アルコール中毒(Alcohol Intoxication)(DSM-5) A.最近のアルコール摂取 B. 臨床的に意味のある不適応性の行動的または心理学的変化(例:不適切な性的または攻撃的行動、気分の不安定、判断能力の低下)が、アルコール摂取中または摂取後すぐに発現す…

アルコール使用障害の診断的特徴と経過

アルコール使用障害の診断的特徴 アルコール使用障害は、離脱、耐性、渇望を含む一群の行動的、身体的症状として定義されます。 アルコール離脱は不快で強烈なため、有害な結果がわかっていても、離脱症状を避けるためにアルコール摂取を継続することがあり…

アルコール依存症からアルコール使用障害へ

アルコール依存症までには至らないが、何らかのアルコール関連問題を有する場合、すなわち図1でグレーゾーンの部分は、概念が最も錯綜していました。 DSM-5では、アルコール依存症まで至らないこれらの問題群とアルコール依存症を合わせて、アルコール使用障…