therapilasisのブログ

オンラインカウンセリングのセラピラシス が提供する情報発信

うつ病になると脳が変わる!? 弱った左脳…

先週は「人は右脳で悲しみを感じる」

というお話をお届けさせていただきました。

 

今日はその応用編です!

 

うつ病になると、脳が変化することが分かっているそうです。

では、どんな風に変化しているのでしょうか。

 

今日は、メンタルヘルス勉強中の

セラピ(セ)さんが、木村先生(Dr.)のお話を伺ってきました。

 

木村先生(Dr.)からセラピ(セ)さんに、とっても難しい質問が…

 

Q.うつ病になると、左脳と右脳はどうなると思いますか?

 

さ、セラピさん、がんばって勉強しましょう。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

(セ)うつ病になると、左脳と右脳は

     …えーと、えーと

 

(Dr.)右脳の働きが強くなって、左脳の働きが弱くなります。

   右脳は悲しみを、左脳は楽しさを感じる脳でしたね。

 左脳が弱くなって、楽しみや喜びなどを感じにくくなるんですね!

 

 特にDLPFC(ディーエルピーエフシー)と呼ばれる、

  背外側前頭前野(はいがいそく ぜんとうぜんや)
  という部位の働きが悪くなることが分かっています。

(セ)DLPFCですか!?

 

(Dr.)そう、DLPFCという名前の部位です。

 

(セ)脳の名前って、難しいですね…(苦笑)

 

(Dr.)そうですね。

でも、DLPFCはとっても大切な部位なので、ちょっと覚えていてください(笑)

 

(セ)はい!DLPFC!!がんばります!!

 

(Dr.)DLPFCは右脳にも左脳にもありますが、うつ病で問題になるのは左脳のDLPFCが弱くなることなんです。

(セ)左脳のDLPFCが弱くなる。メモしました。

 

続きのPART2はこちら

therapilasis.hatenadiary.jp