therapilasisのブログ

オンラインカウンセリングのセラピラシス が提供する情報発信

うつ病になると脳が変わる!? PART2 働きすぎる右脳

前回の左脳のDLPFCに続いて

今度は右脳のお話です。

セラピ(セ) 木村先生(Dr.)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

(Dr.) 逆に、うつ病になると、働きすぎる場所もあります。

(セ)悲しみを感じる…右脳のどこかですか?

 

(Dr.)そうです!

悲しみや恐怖感など(不快感情)を感じる「右脳」は働きが強くなります。

特に扁桃体(へんとうたい)の働きが活発になります。

 

(セ)あ、扁桃体は聞いたことがあります。なんとなく。

アーモンドみたいな形をしているから

扁桃(アーモンド)体とか。

美味しそうだから、すぐ覚えました。

 

(Dr.)そうです!

扁桃体は不安、恐怖、悲しみなどを感じるところで、活発に働くと

何の理由もないけど不安…

怖い…

悲しい…

と感じるようになってしまいます。

 

(セ)扁桃体は美味しそうな名前ですけど、あまり元気だと困りますね…

(Dr.)そうですね。

不安、恐怖、悲しみに敏感になってしまいますからね。

 

(セ)扁桃体はよく分かりましたけど、

DLPFCは…

弱くなるとうつになるのは分かりましたが…

もともと、どんな働きをしているのでしょうか。

 

(Dr.)色々な働きをしているんですよ。

その一つの働きが、扁桃体の暴走を抑えることです。

不安、恐怖、悲しみなどを弱くしてくれるんですね。

 

 

f:id:therapilasis:20171030190701j:plain

 

 

(セ)すごく大事な働きですね。


(Dr.)健康な人は、悲しみなどを感じても、DLPFC扁桃体を抑えてくれます。

そうすると、ある一定の時間で悲しみから立ち直ることができます。

 

(セ)そうなんですね!

明日があるさ!っていう気分になるのですね。

 

(Dr.)そうですね!

でも、うつ病になると左脳のDLPFCの働きが悪くなり、扁桃体を抑えられなくなります…

そうすると扁桃体が暴走して不安、恐怖、悲しみをずっとずっと感じ続けてしまいます。

 

(セ)大変ですね…

DLPFCには頑張ってもらわなくちゃいけないですね‼︎