therapilasisのブログ

オンラインカウンセリングのセラピラシス が提供する情報発信

rTMSってうつ病にどのくらい効くの?

2012年2月のNHKスペシャルでは

抗うつ薬に頼らない画期的な治療法」として、rTMSが紹介されました。

打ちひしがれた表情の患者さんが、見違えるように元気になられた場面が放送されました。

 

何だかとっても期待できそう…

rTMSは実際、どのくらい効果があるのでしょうか?

実際のデータを確認してみましょう。

 

この表はrTMSのメタ解析の結果です。

※メタ解析とは、根拠に基づく医療において最も質の高い根拠とされており

 信頼されているデータです。

f:id:therapilasis:20171130183837p:plain

平均効果量(effect size: ES)という数値を見てみましょう。

rTMSによるうつ病治療のESは0.55

抗うつ薬治療のESは0.49です。

※ESは数字が大きいほど、効果が高いということです。

これによると、rTMS抗うつ薬治療よりも少しだけ効果が高いという結果ですが

それ程治療効果が高いとは言えません。

 

しかし、次に

1剤治療抵抗性のうつ病抗うつ薬を一種類だけ試したが治らなかった患者群)

を見てみましょう。

そうするとESが0.83まで上がります。

 

【治療抵抗性うつ病の治療】

治療抵抗性うつ病の治療としては

修正型電気けいれん療法(mECT:modify Electro Convulsive Therapy)

という治療が日本でも行われていますが、こちらのESはなんと0.91

非常に治療効果が高いという結果になっています。

 

治療抵抗性うつ病ならmECTの効果が一番。

薬物療法でダメならrTMSということなのですかね…

ではではrTMSにはどんなメリットがあるのでしょうか。

 

【rTMSのメリットは?】

抗うつ薬治療に反応しないうつ病に対して、ある一定の効果がある

・修正型電気けいれん療法(mECT)の副作用の健忘や意識障害が少ない

この2つが考えられます。

 

 

rTMSmECT薬物療法

何にでも言える事ですが、回復したからといって、

再発がなくなるわけではありません。

再発する方には維持療法として継続する必要があります。

 

欧米ではrTMSによる治療は米国では2009年、EUでは2011年に認可。

全米ではすでに400か所以上の施設で行われています。

欧米で行われているうつ病治療の流れを見てみると

 

薬物療法

効果が得られない場合

rTMS

それでも効果がない場合

mECT

という流れになっています。

 

日本でもrTMSの治療が認可されれば、同じような治療の流れになるかもしれません。

これは2016年に報告された、rTMSの方法別に比較したメタ解析です。

f:id:therapilasis:20171130184059j:plain

 

いろいろな方法がありますが、ここでは説明を省きます。

 

OR(オッズ比)が高いほど有効ですが、論文の中では

Bilateral(両側)rTMS

HF(高頻度)rTMS

LF(低頻度)rTMS

この3つの方法が研究報告も多く支持できるとしています。