therapilasisのブログ

オンラインカウンセリングのセラピラシス が提供する情報発信

双極性障害の過少診断と過剰診断

双極性障害の過少診断

双極性障害の37%は、単極性うつ病と誤診されている(Ghaemi,2000)
双極Ⅱ型障害の正確な診断率は9%に過ぎない(Vieta E et al, 2000)
うつ病外来受診者の60%が、実は双極Ⅱ型障害(Benazzi,2004)

 なぜ、過少診断が起こるのでしょうか?

  • 双極Ⅱ型障害患者は、軽躁状態を機能が回復した好ましい時期と認識し、うつ病相期には受診するが、軽躁病相期では受診しない。

  • うつ状態の時の受診では、ネガティブな認知のため過去のポジティブな経験は語られない。

  • 医師が過去の軽躁病エピソードを確認しない。

双極性障害ではうつ病相の占める割合が大きい

f:id:therapilasis:20180405144521p:plain

  • 双極Ⅰ型障害では、寛解期を除いた病相期においては、うつ病相が67.7%で、躁病相と混合期の32.3%に比べて、約2倍の期間を占めていた。
  • 双極Ⅱ型障害では、寛解期を除いた病相期においては、うつ病相が93.3%で、躁病相と混合期の6.7%に比べて、約14倍の期間を占めていた。
    したがって、双極Ⅱ型障害では軽躁期を認識できていない場合が多い。

双極性障害の診断は難しい

f:id:therapilasis:20180405145755p:plain

  • 双極性障害と正しく診断されるのに、10年以上かかった人が35%もあり、異なった診断名をつけられた経験を持つ人が69%もあった。
  • 双極性障害3分の2は、うつ病相から発症する。
  • 躁病・軽躁病相(28.8歳)は、うつ病相(19.3歳)より発症年齢が、平均約9年遅れる


過少診断された場合の問題点

f:id:therapilasis:20180405151104p:plain

  • 双極性障害の自殺の生涯発症危険率は、一般人口の15倍
  • 生涯の自殺企図の出現率:双極Ⅰ型で36.3%、双極Ⅱ型で32.4%だが、既遂率は双極Ⅱ型の方高い。
  • 双極性障害とわからずに抗うつ薬のみ投与すると、

    賦活症状群(activation syndrome)の惹起、病相の不安定化、急速交代型(病相が年4回以上と頻回になる)化

    などが起こり、予後を悪化させる。
  • 女性の方が、男性よりも急速交代型や混合性の状態になりやすく、摂食障害やアルコール使用障害も多い。

 

双極性障害の過剰診断

外来症例の再診断により双極性障害は21%から13%に減少(Zimmerman, 2008)
双極性障害の診断が再確認されたのは43%に過ぎず、過剰 診断の症例は過少診断症例の約3倍(Zimmerman, 2010)

 なぜ、双極性障害の過剰診断が起こるのでしょうか?

過剰診断された場合の問題点

  • 不必要な可能性のある気分安定薬や非定型抗精神病薬の服用と副作用の問題。
  • 再発が多いということで、長期間、場合によったら一生涯服用を続けることになってしまう。

★過少診断にも過剰診断にも注意を払い適切な診断が必要!