therapilasisのブログ

オンラインカウンセリングのセラピラシス が提供する情報発信

脳卒中後うつ病の有病率と予後への影響

脳卒中うつ病の有病率

f:id:therapilasis:20180422094341p:plain

PSD有病率(メタ解析)

f:id:therapilasis:20180422094619p:plain

急性期、慢性期を問わず、脳卒中患者の約3割がPSDに罹患します。

 

PSDは認知機能を悪化させる

f:id:therapilasis:20180422095104p:plain

脳卒中後の病変部位を一致させたPSDと非PSDを比較すると、PSDの方が有意に認知機能が障害されていました。

 

PSDは運動機能の回復を遅らせる

f:id:therapilasis:20180422095625p:plain

PSDに罹患するとリハビリテーションへの参加意欲が低下して、運動機能の回復が遅延します。

PSDは死亡率を増加させる

f:id:therapilasis:20180422100426p:plain

脳卒中後の10年フォローアップですが、PSDは非PSDに比較して、死亡率がオッズ比で3.4倍になることが示されています。

死因については、自殺とかはなく、再梗塞など心循環器系疾患で亡くなっています。