therapilasisのブログ

オンラインカウンセリングのセラピラシス が提供する情報発信

アルコール中毒とアルコール離脱

アルコール中毒(Alcohol Intoxication)(DSM-5)

 

A.最近のアルコール摂取

B. 臨床的に意味のある不適応性の行動的または心理学的変化(例:不適切な性的または攻撃的行動、気分の不安定、判断能力の低下)が、アルコール摂取中または摂取後すぐに発現する.

C. 以下の徴候または症状のうち1つ以上が、アルコール使用中または使用後すぐに発現する.

  1. ろれつの回らない会話
  2. 協調運動障害
  3. 不安定歩行
  4. 眼振
  5. 注意または記憶力の低下
  6. 昏迷または昏睡

D.その徴候または症状は、他の医学的疾患によるものではなく、他の物質による中毒を含む他の精神疾患ではうまく説明されない.

 

アルコール離脱(Alcohol Withdrawal)(DSM-5)

 

A.大量かつ長期間にわたっていたアルコール使用の中止(または減量)

B. 以下のうち2つ以上が、基準Aで記載されたアルコール使用の中止(または減量)の後、数時間~数日以内に発現する.

  1. 自律神経系過活動(例:発汗または100/分以上の脈拍数)
  2. 手指振戦の増加
  3. 不眠
  4. 嘔気または嘔吐
  5. 一過性の視覚性、触覚性、または聴党性の幻覚または錯覚
  6. 精神運動興奮
  7. 不安
  8. 全般性強直間代発作

C.基準Bの徴候または症状は、臨床的に意味のある苦痛、または社会的、職業的、または他の重要な領域における機能の障害を引き起こしている.

D.その徴候または症状は、他の医学的疾患によるものではなく、他の物質による中毒または離脱を含む他の精神疾患ではうまく説明されない.