therapilasisのブログ

オンラインカウンセリングのセラピラシス が提供する情報発信

双極性障害に対するカルシウム拮抗薬

双極性障害に対するカルシウム拮抗薬

 

カルシウム拮抗薬は、高血圧や狭心症に対する治療薬ですが、精神科領域では、適応外ですが、躁病や気分周期が24時間以内のウルトラ・ラピッド・サイクラー型の双極性障害に対して用いられることがあります。

 

ベラパミル(ワソランは、双極性障害の維持療法に対する効果や抗うつ薬によって誘発される躁病に対する予防効果が報告されています。カルシウム拮抗薬は、気分安定薬が単独では部分的にしか反応しなかった双極性障害の患者さんに対して、併用することで、有効なことがあります。