therapilasisのブログ

オンラインカウンセリングのセラピラシス が提供する情報発信

脳卒中後うつ病の病変部位

脳卒中うつ病の病変部位

 

  • 脳卒中後の2カ月の期間におけるメタ解析によるうつ病の発現頻度は、前頭葉病変あるいは左基底核病変におけるうつ病の頻度は、右前頭葉病変あるいは左側頭-後頭病変よりも2倍以上多いという結果が示されています。同様に、脳卒中後最初の6カ月では、抑うつ症状の重症度と左前頭極から病変までの距離と有意な相関があることが示されています。Vatajaらの大規模研究を含む多くの研究から、前頭―基底核視床回路脳卒中うつ病の発現に関与していることを示しています。
  • 特定の領域の脳病変の研究では、うつ病視床よりも基底核の脳病変で、またPC領域(脳底動脈支配領域である脳幹、小脳、視床、半球後部)よりもMCA領域(中大脳動脈領域の前頭葉・側頭葉・頭頂葉皮質の広範な部分と基底核を含む皮質下)脳卒中でより頻度が高いことが示されています。
  • 右半球病変の患者では、うつ病は前部および後部病変とともに精神疾患の家族歴との関連が示されています。島皮質の病変は、うつ病とは関連がみられませんでしたが、疲労感や無気力状態との関連が示されています。外側前頭前野病変は内側前頭前野病変と比較してうつ病や不安障害の頻度が高いことが示されています。

 

therapilasis.hatenadiary.jp