therapilasisのブログ

オンラインカウンセリングのセラピラシス が提供する情報発信

高齢者のてんかん

高齢者のてんかん

  • てんかんは65歳以上の高齢者で発病率が最も高い
  • 意識障害を伴う焦点発作が多い
    • 自動症は少なく、発作の持続が短い
    • 意識が減損し、動作が停止する
    • 健忘だけが目立つ
    • 夢を見ているような発作(既視感、未視感
    • 短い無動凝視だけで発作後症状が目立つ
  • 発作後
    • もうろう状態が数時間~数日続くこともある
    • 認知障害うつ状態が遷延することもある

高齢者てんかんの病因

  • 病因同定率(若年成人 50%未満、高齢初発 75%)
  • 脳血管障害
    • 高齢初発の30~50%
    • 発症危険率 23倍
  • アルツハイマー病(8~21%)

一過性てんかん性健忘(Transient Epileptic Amnesia: TEA)

  • 目撃者のいるTEA50例(Butler et al. Ann Neurol, 2007)
    • 平均発症年齢                62歳
    • 健忘持続時間                30~60分
    • 発作頻度                          月単位
    • 起床時から始まる            74%
    • 同じ質問を繰り返す        50%
    • 一瞬の無反応                   24%
    • 治療反応性                       96%
    • 発作間欠期の記憶障害     70%

 

高齢者てんかん認知症やせん妄と誤認されやすい

せん妄や認知症だと思ったら、実はてんかんだったということもあります!

  • せん妄?
    • 発作後もうろう状態
    • 非けいれん性発作重積
  • 認知症
    • 発作後認知機能障害
    • 健忘
  • うつ病

高齢者てんかんの治療

  • ラモトリギン(LTG)
  • ガバペンチン(GBP
  • レベチラセタム(LEV)
  • 従来薬のカルバマゼピン(CBZ)、バルプロ酸(VPA)、フェニトイン(PHT)は、副作用、薬物相互作用を勘案して少量から漸増使用
  • 新世代抗てんかん薬であるペランパネル(PMP)、ラコサミド(LCM)、LTG、LEVは、相互作用が少なく初期用量でも発作抑制が期待できる場合がある