therapilasisのブログ

オンラインカウンセリングのセラピラシス が提供する情報発信

向精神薬の適正使用-2018年診療報酬改訂-

向精神薬の適正使用-2018年診療報酬改訂-

  1. 3種類以上の抗不安薬、3種類以上の睡眠薬、3種類以上の抗うつ薬、3種類以上の抗精神病薬又は4種類以上の抗不安薬及び睡眠薬の投薬を行った場合(ロゼレム、ベルソムラを含む)
  • 処方料  42点⇒18点
  • 処方箋料 68点⇒28点
  • 薬剤料  100分の80に相当する点数(院内処方の該当薬のみ)
  1. ベンゾジアゼピン受容体作動薬である抗不安薬睡眠薬を、1年以上同一の用法・用量で継続処方している場合について、処方料・処方箋料を適正化(非ベンゾを含む)
  • 処方料  42点⇒29点 
  • 処方箋料 68点⇒40点
  1. 向精神薬の多剤処方等の状態にある患者について、減薬した上で薬剤師又は看護職員と協働して症状の変化等の確認を行っている場合の評価を新設
  • 処方料  (新) 向精神薬調整連携加算   +12点
  • 処方箋料 (新) 向精神薬調整連携加算   +12点