therapilasisのブログ

オンラインカウンセリングのセラピラシス が提供する情報発信

エーリッヒ・フロムの略歴

エーリッヒ・フロム(Erich Seligmann Fromm、1900 - 1980年)

f:id:therapilasis:20180815101856p:plain

(Quotable Quoteより)

 

略歴

  • フロムは、1900年フランクフルトにユダヤ人の子として生まれた。フランクフルト、ミュンヘン、ハイデルベルグの各大学で、社会学と心理学を学んだ。1922年ハイデルベルグ大学から哲学博士の学位を授与された。翌年ベルリン精神分析研究所でザックスの教育分析を受け、1926年から精神分析の実際に本格的に取り組んだ。1929年フランクフルト精神分析研究所に移り、同時にフランクフルト社会研究所にも所属した。いわゆるフランクフルト学派のフロムとしてのスタートを切った。
  • 1933年ナチスの迫害を避け、シカゴ精神分析研究所の講師としてアメリカに渡った。以後、ウィリアム・アランソン・ホワイト精神医学研究所、コロンピア大学、ベニントン大学、メキシヨ大学など各地の大学や研究所で、精神分析の講義と実際にたずさわった。
  • 晩年はメキシコに住んでいた。フロムは医学博士の学位を持っておらず、この点からも異色な精神分析家といえる。このことは、フロムの関心が、個人の病理よりも社会の病理にあることと無関係ではあるまい。

 

(外林大作、川幡政道:現代精神病理学のエッセンス-フロイト以後の代表的精神病理学者の人と業績-参照)