therapilasisのブログ

オンラインカウンセリングのセラピラシス が提供する情報発信

自己愛性神経症

自己愛性神経症

彼は「リビドー理論と自己愛」で、彼の分析理論を早発性痴呆やパラノイアやメランコリーにまで及ばし、それらの発生を、リビドーの対象が自己に固着して自己愛となった結果として説明しようと試みる。従ってこれらの疾患を、彼は自己愛性神経症の名をもって呼ぶのである。

「私どもは早いころから精神分析の見解を他の疾患の上に拡げることを始めたのでした。すでに1908年に、カール・アブラハムは、私と意見を交換した上で、対象へのリビドー配備の行なわれないことが早発性痴呆の主な特徴であるとの命題を発表しました。ところでその際に起こった疑間は、対象からそらされた患者のリビドーはどうなるかということでした。アブラハムは躊躇することなく、リビドーは自我に向かって戻されるのであって、この反射的反転が早発性痴呆の誇大妄想の源泉なのだと答えたのでした。誇大妄想は常に、恋愛生活によく知られた対象の性愛的過大評価に比較されるものです。そこで初めて私どもは精神病の一特徴を、正常な恋愛生活との関連によって理解できるようになったのです」。

「・・・・対象リビドーを自我リビドーに転換できるという考え方、すなわち自我リビドーを考慮に入れなければならないという考え方は、たとえば早発性痴呆のような、いわゆる自己愛性神経症の謎を解き、これをヒステリーや強迫症と比較して、その異同を説明できる唯一の考え方であるように私どもには思えたがです」。

「・・・・早発性痴呆の患者におけるリビドーの発達は、その弱点を他の段階に持っているのです。症状形成への決定的の個着は、おそらく原始的自己愛の時期にあるのです」。

「・・・・自己愛性神経症にあっては、抵抗は越えがたいものです。私どもは高々、高い壁に好奇の目を投げかけながら、壁の彼方に何が起こっているかと、うかがってみるだけです。それゆえに私どもの技術的方法は、他のものによって補われなければなりませんが、このような補充が成功するかどうかは、まだわかりません」。

フロイトは、分析の経験をもつ者であれば、自己愛への固着ということもわかるはずであるのに、多くの精神科医にはその素養がないと歎き、アメリカでは着々とこのことが進められていると称賛する。そしてメランコリーや躁病に言及して、次のように総括する。

「・・・・その際、私どもの知ることは、メランコリーでも躁病でも、一つの葛藤の特別な仕方による解決にほかならぬことであって、これの諸前提となるものは、他のもろもろの神経症のそれと全く同一のものであるということです」。

「・・・・私どもがこれらの成果を得たのは、すべて自我リビドーまたは自己愛的リビドーの概念をできるだけ利用したおかげであって、私どもはこの概念の助けをかりて、感情転移神経症の場合に確かめられた解釈を、自己愛性神経症にまで拡張したのです」。

「・・・・もし病因的作用の能力が、真にリビドー的欲動の特権であることが明らかにされて、リビドー理論が最も単純な現実神経症から、個人の最も重い精神病的疎隔にいたるまでの、全戦線にわたって勝利を祝うことができたとしても、私は不思議とは思わないでしょう」。

この最後の一節には、フロイトの満々たる自信がうかがわれるように思う。

 

読後の所感の一端

この「精神分析入門」を精読して、私は雄大なロマンを読んでいるような感慨を禁じ得ないのである。これは一人の不世出の人物の築き上げた一大構想である。その中には、フロイト自身も言っているように、未完の点も多くあるし、また私どもにとって何とも「了解」しがたい個所も少なくない。たとえば、不安発生の原因を出生の際の経験に求めるというように、ごくささやかな契機を大きな断定の拠りどころとしている点の多いことである。しかもこのような断定を読者に強要する態度さえ見られる。そして彼は、このような事実は分析に堪能な者には自明のことだが、そうでない人には理解できないといったような口吻を漏らすのである。このような態度は、厳密な科学性という立場に立つ者に対して、立証の普遍性を疑わせることではあるまいか。それはそれとして、フロイトの全構想が一大理論であることはまちがいない。そして私が改めて感じたのは、フロイトが同時に素因― 但しその内容は、多くの医学者の用い慣れている生来性の素質という意味ではない―の語を用い、あるいは系統発生を語るなど、生物学的立場を失っていないということである。

内村祐之:精神医学の基本問題1972参照)

不安の問題

不安の問題

 

次の章「不安」は、フロイト神経症論、ことに恐怖症にとって重要な問題である。

不安の問題が、あらゆる最も重要な問題の集中する交差点であることは確かです。そしてこの問題は、それを解決すれば、私どもの心的生活全体の上に豊かな光が降り注がれるにちがいないと思われるような、ひとつの謎なのです」。

「不安感情の際、それがどのような早期の印象を、反復の形で再現させているかを、私どもは知っていると思っています。私どもはそれを出生行為だと申します。出生行為の際には、さまざまの不快感、娩出の昂奮、それに身体の異常感覚が生ずるわけですが、これらが生命に対する危険作用の原型となり、それ以来、不安状態として、私どもによって繰り返されるのです」。

「おそらく皆さんは出生行為が不安感情の源泉であり原型であるとの着想に、私がどうして達したのかに関心を持つことでしょう。それには思弁はいささかも関与していなかったのです。私はむしろ民衆の有りのままの考えからそれを借りたのです」。

フロイトは不安の形式を3つに分ける。第一は、一般的に浮動している不安で、それを彼は予期不安または不安な予期と呼んでいる。その昂じたものが、フロイト不安神経症と名付けたものである。不安の第二の形式は、第一のものとは反対に、ある種の対象や状況に結び付いているものであって、恐怖症がそれである。非常に多様であり、奇抜なものも珍しくない。そして第二の形式は、フロイトの理解力をもってしても判らない、特別な対象に対する不安を伴った恐怖症であるという。ところでフロイトはここでも、不安の発生とリビドーとの密接な関係について諄々と説いている。

「・・・・昂奮状態のときにもしばしばリビドーと不安とが混合すること、そして結局リビドーが不安によって代償されることを観察することができます。すべてこのような事実から受ける印象は二重のものであります。第一は、正常な使用を阻止されたリビドーの鬱積であるということであり、第二は、その際すべては全く身体的過程の領域で行なわれるということです。どうしてリビドーから不安が発生するかは、さし当たり明らかではありません。ただ確認されるのは、リビドーがなくなって、その代わりに不安が観察されるということです」。

「・・・・それゆえに、一般に神経症の症状というものは、不可避な不安の発生を避けるだけのために形成されるといっても、抽象的の意味では誤りではないように見えます。この見解によると、不安は、神経症問題に対する私どもの関心の中心点に押し出されて来ることになります」。

「・・・・私どもは抑圧について多くのことを取り上げましたが、その際、常に抑圧される観念の運命だけを追究して来ました。それはただ、この方が認識したり叙述したりするのに容易であったからです。抑圧された観念に付随していた感情がどうなるかを、私どもはいつも顧みないで来ました。そしていま初めて知ることは、この感情が、普通の経過をとる際にどんな性質を示したものであっても、それが不安に転換されるのが、さし当たりの運命であるということです」。

「・・・・抑圧は、危険と感じられたリビドーに対する自我の逃避の試みに相当します。そして恐怖症は、この恐れられたリビドーで代表される外的危険に対抗する築城にたとえることができるのです」。

そしてフロイトはこの不安の章を次の文章で総括する。「・・・・このようにして私どもは、不安の問題が、神経症心理学の諸問題の中で、まさに中心的とも言える位置を占めることを確信しました。私どもは不安の発生が、リビドーの運命と無意識の体制とに、いかに深く結び付いているかを知って、強い印象を受けました。ただ一つだけ、それと結び付かない、私どもの見解の欠陥と感じた点があります。それは、現実不安を自我の自己保存本能の表現と認めざるを得ないという、異論をさしはさみがたい一つの事実です」。

内村祐之:精神医学の基本問題1972参照)

自我欲動の役割

自我欲動の役割

この辺から話は性欲動に対する自我欲動の重要さの説明に入る。

「・・・・ところでリビドーの欲求に対して抗議する勢力、すなわち病因となる葛藤における相手方の一方は何でしょうか。ごく一般的に言えば、それは性的でない欲動の諸力です。私どもはそれを総括して自我欲動と申します。・・・・病因となる葛藤は、それゆえに、自我欲動と性欲動との間の葛藤なのです。一連の症例では、さまざまな純粋の性的欲求の間の葛藤であるかに見えますが、しかし、それも基本的には同じことです。何となれば、葛藤状態にある2つの性的欲求のうち、常にその一方のものは、いわば自我に忠実なものであり、他方は、自我の防衛に挑戦するものだからです。つまり、これも自我と性欲との間の葛藤であるわけです」。

「・・・・精神分析は、性的でない欲動の多くが存在することを決して忘れてはいません。そして精神分析は、性欲動を自我欲動からはっきり区別することの上に打ち立てられたものです。神経症は性欲から生ずるものではなく、自我と性欲との間の葛藤にその根源があるということを、あらゆる反論に抗して主張しているのです。・・・・ただ感情転移神経症によって、いち早く性の欲動に対する洞察ができるようになったことと、他の人々がゆるがせにしていたものを研究することが責務であったために、まず第一に性欲動の研究に従事することが精神分析の運命となっただけのことです」。

この辺の口調は、性欲動一辺倒の立場に修正を加えていったことに対するフロイトの弁明のように聞こえる。

「このようにして私どもは、神経症原因論の第二の要素である葛藤傾向が、リビドーの発達によって左右されると全く同じく、自我の発達によって左右されるとの知識をもつようになります。神経症の原因に対する私どもの洞察は、このようにして完成されたのです。第一に、最も一般的な条件として拒否、次に、一定の方向に向かってリピドーを押しやるリビドーの固着、そして第二が、自我の発達によってこのようなリビドーの昂奮を拒んだ葛藤傾向です」。

そして次の一節は、フロイトもまた人間精神の発達にとって系統発生学的観点の重要であることに注意を払った研究者であることを示すものである。
「・・・・自我とリビドーの両者の発達を評価するにあたっては、これまで、あまり認められなかった一つの観点を、前もってお話しておかなければなりません。それは、これらの発達が、根本においては、全人類が太古の時代から非常に長い年月を通して経て来た発達の遺産であり、短縮された形の反復だということです。リビドーの発達には、この系統発生的な由来が明らかに見られると私は考えたいのです」。

そしてこの章の最後を彼は次の一節でまとめている。
「・・・・人間の自我が、リビドーと同じようにその発達史を持っているとすれば、自我の退行という現象が存在すると聞いても、誰もが驚かないでしょう。そして自我が以前の発達段階に戻るということが、神経症罹患にあたって、どのような役割を演じ得るかを知りたいと思うことでしょう」。                               

「症状形成の経路」の章からは、次の短い引用に止めよう。「・・・・葛藤をしている一方は、現実によって拒否されて満足の得られないリビドーですから、それは満足を他の方途に求めなければなりません。・・・・こうしてリビドーは止むを得ず退行の道をとり、すでに克服した体制のうちのある段階に立ち戻るか、以前に放棄した対象の一つによって満足を得ようと努めるかすることになるでしょう。リビドーはその発達の所々に残して来た固着に引きずられて、退行の道をとるのです」。

神経症患者の若い時代の生活史の中で、たえず繰り返されて、ほとんど例外のない出来事のうち「特に重要な二、三は、他の出来事に比べて特筆の価値があると思います。この種の出来事の見本として私が挙げたいのは、両親の性交の目撃と.大人による誘惑と、去勢するというおどかしです」。

神経症心理学は、他のあらゆる源泉にもまして、人間発達史の遺物を私どものために保存しておいてくれたと、私は繰り返し考えぎるを得ません」。

次の章には「普通の神経質」という題目がついているが、この神経質という言葉は、精神分析以外の精神医学で普通に用いている神経質の語とは意味が違うようである。フロイトは、その主力を注いだ感情転移神経症を、場合によっては精神神経症と呼び、それに対比するものとして現実神経症を挙げているが、その後者を、ここで「普通の神経質」と呼んでいるように思われる。この章からも、ごく短いものを引用するに止める。

「・・・・神経症患者が、葛藤の起こるたびに“疾病への逃避”をきめこむことができた場合、二、三の症例にあっては、その逃避は十分に正当と認めざるを得ないものがあります。・・・・このような例外を除き、ごく一般的の状態の下では、神経症の中へ逃避することによって、自我に、ある程度の内的の“疾病利得”が与えられることを私どもは認識します。これに加えて、ある生活状態においては、現実に多少とも高く評価される、はっきりした外的の利益が加わります」。

「・・・・いわゆる現実神経症の普通の型のものにおいて、性生活が病因的意義をもつことは、観察に合致する大きな事実です」。

「・・・・私どもはこれらの類比に基づいて、(現実)神経症を性的物質代謝の障害の結果と見なさざるを得ないと考えます」。

内村祐之:精神医学の基本問題1972参照)

神経症構造論の中核

神経症構造論の中核

フロイト神経症構造論は、これから後の数章の中にその核心があるように思われる。ことに最初の「発達と退行の観点、病因論」がそうである。

「リビドーの発達にあたっては、一般病理学の学説と全く同じように、二つの危険を伴うことを認めてよいと私は信じます。すなわち第一は制止、第二は退行であります」。

「・・・・部分欲求がそれより早期の段階に停滞することを、欲動の固着と呼ぶことを確認してください。それから、このような段階的発達の第二の危険性は、先へ進んでいた部分もまた容易に後退運動を起こして、早期の段階の一つに戻ることがあり得るということです。それを私どもは退行と名付けます。このような退行を起こすのは、後期または高次の発達段階で、欲求の機能の発揮、すなわちその充足目的の達成が、強い外部からの妨害に当面した場合です。私どもは固着と退行とが無関係ではないと考えたいのです。発達途上での固着が強ければ強いほど、機能は容易に、先の固定のところへまで退行することによって、外的困難を避けようとします」。

「・・・・退行には二種類あると予想してよいでしょう。すなわちリビドーが最初に占拠していた近親相姦的性質の対象への退行と、性愛体制の早期諸段階への退行であります。両者は共に感情転移神経症に現われ、そのメカニズムの上で大きな役割を果たします。特に最初の近親相姦的対象へのリビドーの退行は、神経症患者には、正にうんざりするほど規則正しく見られる特徴です」

「……抑圧もまたこれらの神経症のメカニズムに大いに関与しています。抑圧のないリビドーの退行は決して神経症を招来することなく、むしろ性的倒錯となってしまうでしょう。このことからして皆さんは、抑圧が神経症に最も固有なものであり、神経症を最もよく性格付ける過程であることを見るでしょう」。

「・・・・人間は私の謂う拒否によって、そのリビドーを満足させる可能性を奪われると、神経症に罹ります。そしてその症状は正にこの拒否された満足に対する代償なのです」。

なお次の2つの引用文の中には、フロイトの自然科学者らしい一面がうかがわれる。

「・・・・模式化して簡略にすると、次のように言えるでしょう。すなわち神経症の病因論にとって、リビドーの固着は、素因的内的の因子を、そして拒否は、偶発的外的の因子を代表するものであると」。

神経症の原因の考察のために、数ある患者を一つの系列に置いて、この中で二つの要因、すなわち性的素質と体験―あるいはリビドー固着と拒否でもよいでしょう― を、一方が強ければ他方が弱くなるように並べて見ます。すると、この系列の一方の端には、その特異なリビドーの発達のために、どんな体験をしたにしても、また、どれほど細心な生活をしていても、いずれは病気になったと確信できるような極端な症例が位置します。そして、これと反対に他の端には、もしその人の人生があれこれの状態に置かれなかったとしたら、おそらく病気を避け得られたであろうと判断しなければならないような症例が位置します。そしてこの系列内の諸例では、素因となる性的素質の多いか少ないかが、有害な生活上の要求の少ないか多いかと重なっているのです。彼らの持つ性的素質も、もしあのような体験がなかったとしたら、神経症を起こさなかったでありましょうし、また、もしリビドーの関係が別のものであったとしたら、このような体験も外傷的に作用することはなかったでしょう。私はこの系列のうち、素因となる要因のほうに、多少とも優位の意義を認めることができますが、しかし、このことは、どこまでを神経症の領域として限界付けるかということにも関係があります」。

内村祐之:精神医学の基本問題1972参照)

エリクソン催眠の方略的アプローチ

ミルトン・H・エリクソンの方略的アプローチ

f:id:therapilasis:20190213130512p:plain

ミルトン・エリクソン(Milton H. Erickson, 1901- 1980)

f:id:therapilasis:20190213130554p:plain

エリクソンは1930年頃から斬新なパラダイムと技法を催眠に取り入れ、現代催眠を心理療法のメインストリームに合流させた。

彼は、催眠者にも被催眠者にも偏った重点を置かず、相互に関与し合う両者の関係の重要性を強調し、被催眠者のもつ特徴も誘導と治療の出発点であるとした。また、意識の関与を通り抜けるさまざまな間接暗示により、誘導や治療成績を飛躍的に向上させ、臨床催眠の革新的な進歩と他の心理療法全般に大きな影響を与えた。

日本では「エリクソニアン=ブリーフセラピー」という神話もあり、確かに、彼がブリーフセラピーにも卓越して「方略的指示療法」と呼ばれる多くのテクニックを開発したのは事実である。しかし、彼が実践したのは、あくまでもヒプノセラピーである。

現在のブリーフセラピーは、エリクソンの特定の技法を選び出して、催眠を用いない状況で恣意的に応用するものが目立ち、催眠の年齢進行から派生したミラクル・クエスチョンなどはその典型である。彼は、催眠を用いない場合でも、常に意識の多様性に注目を怠らず、患者個人に合わせた催眠的な治療を行ったのである。

 

エリクソン催眠の原則

  1. 利用理論(utilization theory)
    自然技法とも呼ばれ、被験者の内在要素(記憶、性格、身体特徴など)と環境要素(家族、職業、居住地など)を暗示に取り入れた催眠誘導と治療の方法論。彼は、紋切り型のワンパターン化された暗示を拒絶し、患者一人ひとりの個性を尊重し、それぞれに合わせたオリジナルな催眠を実践した。
  1. 気そらし(distraction)
    クライエントの注意の矛先を変えることによって問題解決を図る。
  1. 分割(partitioning)
    意識―無意識の分割、感覚の細分化、記憶の想起と健忘といったテクニックに活用 
  1. 進展(progression 
    小さなステップから大きなステップへと進む原則で、催眠誘導における深化法や1%から始めて徐々に数字を増やして疼痛緩和を図る減少効果法など
  1. 暗示(suggestion) 
    直接・間接暗示、許容暗示、散りばめ法、繰り返し、混乱法など 
  1. 再志向(reorientation) 
    フレーミングや外在化、時間の疑似オリエンテーション(年齢進行)

固着、無意識、抵抗、抑圧

固着、無意識、抵抗、抑圧

私は、特に注意を要すると私が考えるもの、フロイトの真意がはっきりわかると思われるもの、フロイドの思想のうち、従来見落とされがちであったと思われるものなどを以下に抜粋することとした。

強迫神経症のもつこれらの症状、これらの観念と衝動― それはどこから来るのかわからないが、とにかく現われて来て、この症状以外は正常な心的生活からのあらゆる影響に抗して振る舞い、あたかも未知の世界から来た非常に力の強い客であり、死すべきものの群れにまじりこんだ不死なるものであるかのような印象を患者に与える― こうした観念と衝動との存在は、通常の心的生活から隔離された、ある特別の領域のあることの最も明らかな証拠であります。これらの症状から、心の中に無意識なるものの存在を確信させる、迷うことのない一本の道が通っています。そしてそれなればこそ、意識心理学のみにたよる臨床精神医学は、これらの症状を特別な変質様式の徴だと称する以外には、いかんともする術をもたないのです」。

「・・・・分析的解釈によって、神経症の症状にある意味を与え得るという可能性のあることは、無意識的の心的過程の存在することに対する、揺るがしがたい証明です」。

「・・・・しかし症状が成立するためには、この意味が意識されていないことが必要なのです。意識的過程からは症状は形成されません。また無意識的なものが意識されるようになった時には、症状は消失せざるを得ないのです」。

「症状形成は、表面に出ないでいる、ある別のものの代理なのです」。

以上は、「固着と無意識」の章からの抜粋である。次の「抵抗と抑圧」の章からは短いものを引用しよう。

「症状にあれほど悩み、しかも近親者までをも悩ませている患者、症状から解放されるためには、時間と金銭と心労と自己克服のあれほど多くの犠牲を敢えてしようとする患者が、癒りたくないばかりに、救い手に対して反抗するのです。何とも有りそうもないことのように聞こえるではありませんか。しかし事実はその通りなのです」。

「・・・・それは問題の心的過程が、意識にまで、のしあがって来ることに対して、激しい反抗が起こったにちがいありません。それゆえにこそ、この過程は無意識のままで止まったのです。それは無意識のものとして、症状を形成する力を持っているのです。そして同じ反抗は、無意識的のものを意識的のものにしようとする分析療法の努力に対しても、またまた反抗するのです。これを抵抗として、われわれは感得します。抵抗を通じて示される、この病的の過程には、抑圧という名を与えることにします」。

「・・・・分析をするたびに、私どもは患者の性的体験と願望とに、たどりつくでしょう。そしてその都度、それらのもつ症状が、同じ意図に奉仕していることを確認するにちがいありません。その意図というのが、性的願望の充足であることを私どもは知らされるのです」。

「・・・・これらの人々は、現実が彼らにその性的願望の満足を許さない場合に、その挫折体験のために、何らかの手段で病気になるということです。いかに美事にこの両方の結果が一致するかを皆さんはお認めになるでしょう。症状が、実生活で得られなかった満足に対する代償的な満足であることは、このとき初めて正しく理解されることができるのです」。

そしてフロイトは次の二章、すなわち「人間の性生活」と「リビドーの発達と性愛の組織」において、古くからよく知られていた性的倒錯を例にとって、性とリビドーの発達に言及し、倒錯的と見えるものも、その傾向は何びとにも見られるものであり、ことにこれは幼児期からの発達を仔細に観察すれば明らかであるという、フロイト理論の基本的の問題を説明している。そしてパラノイアと同性愛、強迫神経症サディズムとの関係にも触れているが、とりわけ彼は近親相姦的傾向に基礎をもつエディプス・コンプレックスを重視する。

「・・・・リビドーの発達の転回点は、すべての性的の部分欲動が性器の優位の下に従属し、したがって性愛が生殖機能に服従するときです。それ以前は、言って見れば支離滅裂な性生活で、個々の部分欲動が器官快感を求めて、独立して活動している時期です。この無統制状態は、前性器的体制が始まることによって緩和されてきます。最初がサディズム的肛門愛期で、その背後にあるのが、おそらく最も原始的な口愛期であります」。

エディプス・コンプレックスを、神経症患者がしばしば苦しめられる罪責意識の最も重要な源泉の一つと見てよいことは、全く疑いの余地がありません」。

「・・・・(愛の対象を母親から他に移すという)この解決は、神経症患者にあっては全然成功していないのです。息子は一生涯、父親の権威に屈したままで、彼のリビドーを他人である性対象に転移させることができません。この関係を変えて見れば、同じことが娘の運命ともなり得るわけです。この意味において、エディプス・コンプレックスは確かに神経症の核心たるに価するものです」。

内村祐之:精神医学の基本問題1972参照)

フロイトの精神医学批判

フロイトの精神医学批判

「・・・・ある人々は私の自己訂正をまったく知らず、すでに私にとり以前とは違う意味をもつようになっている主張を盾にとって、今日でも私を批判しております。・・・・自分の見解を三度三度変更した者は、おおよそ信用することができないというのは、つまり彼が現在主張していることも当然また、まちがっているかも知れないからというわけでしょう。・・・・私は自分のすべての学説を、自分の経験を一歩すすめるたびごとに、どんどん修正することをやめないつもりでおります。しかし基本的な洞察に関しては、私はこれまで何も変更する必要を見出しませんでしたし、今後もその必要はないだろうと思っています」。また「みなさんは、精神分析的な研究に逆らうようなものは、精神医学の仕事の本質の中には何一つないことを承認してくださるでしょう。ですから精神分析に抵抗しているのは精神科医であって、精神医学ではないのです」とも言っている。

そして続けて、「精神分析と精神医学との関係は、言って見れば組織学と解剖学との関係のようなものです。一方の研究は他方の研究を引き継ぐものであって、この二種の研究の間に矛盾があるとは考えられません。・・・・人間の屍体を解剖して身体の内部構造について知見を求めることが許されなかった時代もあったのです。これと同様に、精神分析を用いて心的生活の内的な仕組みを知ることは、今日きびしく禁じられているように見えます。だが心的生活の深層にある過程、すなわち無意識的過程を十分に知らなくては、科学的に深められた精神医学はあり得ないという洞察が得られる日も遠くはないでしょう」。また「精神分析が、妄想の場合と同じように、ほかのもろもろの神経症精神障害についても無効だとわかったとしても、それはやはり科学的研究のかけがえのない手段として十分に正当性を持ちつづけると思います」とも言っている。フロイトの意向は、以上の言葉のみによっても、ほぼ察せられるであろう。

神経症総論の第二章は「症状の意味」と題されており、フロイト強迫神経症の実例2つを挙げて、その症状生成は必ず患者の性的体験と関係があると説いている。そして、この発見は彼とブロイアーとの共同研究に端を発したものであるが、それとほとんど時を同じくして、ジャネも同じ証明をしたと書いている。

「正直なところ私は長いこと、ジャネが神経症の症状の解明に尽くした功績を高く評価するつもりでいたことを告白いたします。何となれば、彼が神経症の症状を、患者を支配している『無意識の諸観念』の発現として捕えたからです。ところがジャネはその後、控え目になりすぎてしまい、無意識的なものとは、彼にとって一つの言い廻し、一時の便宜的なもの、空辞であるにすぎず、実在のものとは考えなかったと告自するかのような発言をするようになったのです・・・・」。

なお、この章の中の数節を引用すると、強迫神経症とヒステリーこそは、それらの研究によって初めて精神分析が築き上げられたものであり、また治療的にも精神分析的治療が大いに成果を挙げている神経症性疾患の病型なのであります」。また、「おそらく皆さんは私どもの議論に関連して、現代の精神医学者が強迫神経症の諸問題に、いかに対処しているかを、あらかじめ知りたいと思うでしょう。しかし、それはまったく見すばらしいものなのです。精神医学はさまざまな強迫現象に名称をつけますが、それ以上は何も言わないのです。・・・・しかし精神分析によって私どもは、これらの奇妙な強迫症状を永久的に取り除くことができることを経験しました」などなど。

以上の序文的な二章に引き続き、フロイトは、精神分析的に見た神経症の構造を10回に分けて説明する。各章の題目は次のようなものである。「外傷への固着、無意識」、「抵抗と抑圧」「人間の性生活」、「リビドーの発達と性愛の組織」、「発達ど退行の観点、病因論」、「症状形成の経路」、「普通の神経質」、「不安」、「リビドー理論と自己愛」、「感情転移」、そして最後が精神分析療法」である。

内村祐之:精神医学の基本問題1972参照)