therapilasisのブログ

オンラインカウンセリングのセラピラシス が提供する情報発信

【光トポグラフィー検査】「うつ病」が見える??

前回は、うつ病者ではDLPFCの働きが低下しているというお話でした。

 

therapilasis.hatenadiary.jp

 

うつ病ではDLPFCだけでなく、前頭葉(ぜんとうよう)という脳の前の部分

f:id:therapilasis:20171030191749j:plain

 ↑

ここの働きが悪くなっていることが分かっています。

 

 

例えば…

「あ」から始まる言葉をできるだけ多く言ってくださいというと、

健康な人なら「あ…え~と、アイスクリーム、あんこ、あめ…(甘いものばっかり笑)

え~とえ~と」

と、考えると前頭葉の血流がUP!!

 

でも、うつ病の患者さんでは、同じように考えて、

同じくらいの数を言っていたとしても

前頭葉の血流が全然UPしないということが分かってきました。

こんな感じです。

f:id:therapilasis:20171101194542j:plain 

 

これを利用したのが【光トポグラフィー検査】です。

f:id:therapilasis:20171030191954j:plain

光トポグラフィー検査は、何と、日本で開発された検査です。

精神科医療というと、ドイツやアメリカが最先端を行っているイメージ。

でも、ついに日本発の検査ができました。

この検査、痛くもかゆくもなく、患者さんに優しい検査。

どんどん世界に広がって行くと良いなと思います。

 

 

次回【光トポグラフィー検査】について詳しい情報をお届けいたします。

お楽しみに。