therapilasisのブログ

オンラインカウンセリングのセラピラシス が提供する情報発信

性同一性障害から性別違和へ

DSM-Ⅳでは、性同一性障害(Gender Identity Disorder: GIDという診断名は、異性への同一化が強調されていましたが、2013年のDSM-5で性別違和(Gender Dysphoria: GD)に変更され、性別の不一致(違和感)という現象が強調されることになりました。

つまり、体験されるジェンダーには男か女かという固定観念を超えた、それとは異なる性同一性のこともあり、その苦痛は単にもう一方のジェンダーになりたいという欲求に限ったものではなく、指定されたジェンダーとは違うものであるなら、それに代わる別のジェンダーになりたいという欲求のこともあります。

 

性別違和(Gender Dysphoria)の診断基準(DSM-5)

子供の性別違和

A.その人が体験し、または表出するジェンダーと、指定されたジェンダーとの間の著しい不一致が、少なくとも6カ月、以下のうちの6つ以上によって示される(その中の1つは基準A1でなければならない).

  1. 反対のジェンダーになりたいという強い欲求、または自分は違うジェンダー(または指定されたジェンダーとは異なる別のジェンダー)であるという主張
  2. (指定されたジェンダーが)男の子の場合、女の子の服を身につけること、または女装をまねることを強く好む. また、(指定されたジェンダーが)女の子の場合、定型的な男性の衣服のみを身につけることを強く好み、定型的な女の子の衣服を着ることへの強い抵抗を示す.
  3. ごっこ遊びや空想遊びにおいては、反対のジェンダーの役割を強く好む.
  4. 反対のジェンダーに定型的に使用されたりまたは行われたりする玩具やゲームまたは活動を強く好む.
  5. 反対のジェンダーの遊び友達を強く好む.
  6. (指定されたジェンダーが)男の子の場合、男の子に定型的な玩具やゲーム、活動を強く拒み、乱暴で荒々しい遊びを強く避ける.また、(指定されたジェンダーが)女の子の場合、女の子に定型的な玩具やゲーム、活動を強く拒む.
  7. 自分の性器の構造を強く嫌悪する.
  8. 自分の体験するジェンダーに合う第一次および第二次性徴を強く望む.

B.その状態は、臨床的に意味のある苦痛、または社会、学校、または他の重要な領域における機能の障害と関連している.

 

青年および成人の性別違和

A. そめ人が体験し、または表出するジェンダーと、指定されたジェンダーとの間の著しい不一致が、少なくとも6カ月、以下のうちの2つ以上によって示される.

  1. その人が体験し、または表出するジェンダーと、第一次および/または第二次性徴(または若年青年においては予想される第二次性徴)との間の著しい不一致
  2. その人が体験し、または表出するジェンダーとの著しい不一致のために、第一次および/または第二次性徴から解放されたい(または若年青年においては、予想される第二次性徴の発現をくい止めたい)という強い欲求.
  3. 反村のジェンダーの第一次および/または第二次性徴を強く望む.
  4. 反対のジェンダー(または指定されたジェンダーとは異なる別のジェンダー)になりたいという強い欲求.
  5. 反対のジェンダー(または指定されたジェンダーとは異なる別のジェンダー)として扱われたいという強い欲求.
  6. 反対のジェンダー(または指定されたジェンダーとは異なる別のジェンダー)に定型的な感情や反応をもっているという強い確信.

B.その状態は、臨本的に意味のある苦痛、または社会、職業、または他の重要な領域における機能の障害と関連している.

 

(参考)

  • LGBTは日本では2005年頃から使用されるようになった性的マイノリティーを限定的に指す言葉で、レズビアン(女性同性愛者)、ゲイ(男性同性愛者)、バイセクシュアル(両性愛者)、トランスジェンダー(出生時に診断された性と、自認する性の不一致)の頭文字をとった総称です。
  • 前3者は性指向、トランスジェンダー性自認の問題ですが、最近では自身の性指向や性自認が定まっていないエスチョニング(Questioning)を加えてLGBTQと呼ぶこともあるようです。
  • 社会も生き方も多様化する中で、性指向も性自認「その人の生き方にほかならい」ので、他人に迷惑をかけない限り、個人の自由で他人がとやかく言う問題ではないように思います。
  • 本人が苦しんでいたり、生活上の障害がある場合には、医療を含めた種々の支援が必要になるように思います。。